テーマ:澱み

とりとめのない話

水の流れない沼の 表に おおきな ちいさな 円盤が 絶え間なく生まれては ひろがり 融けていく 樹々は雫を溜めて 重たそうにうなだれている わたしの気配に気付いたのか 魚が 水面に黒く影をつくった 珠には 空を視においでよ 瞳が濁ってしまうよ 水面に落ちた わたしの傘と わたしの影が 逃げて 樹々と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more