テーマ:会話

新しい発見

隣の部屋から聞こえてくる クイズ番組を視てるあなた テレビ相手に ファイターでおしゃべりだ 初めは似てるところばかり探していたのに いつしか 三角の眼をして  違うところばかり気になったり “寄り添う”ことから遠のいていく 組み立てるピースの順番が違っていたり 使う言葉が違っていたり 思えば 当たり前なのに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言い忘れたことがないように

通りすがり あなたの匂いのする部屋で あなたを真似て 椅子にすわり あなたがはさんだ栞のページをひらいてみる 顔を上げて 窓のそとを眺める そうか こんな感じ 坂の道を車が登っていく 空が近いね 工場の音がすこし聴こえてくるね… あなたがいないこの部屋は なんだか不自然 胸のなかがモヤモヤする 慌てて部屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あやふやな話

あなたは 「正論だね」って 腕を組んで言うけれど わたしたちは教室や会議室で 議論を戦わせている訳じゃないよ 正論かどうかなんて この際 関係ない ふたりの決まりごとは 茶の間のテーブルの上で 湯呑や布きんやテレビのリモコンや そんなのが聞いてるだけなんだから 雨の日の昼下がり 空がすこし明るくなったから …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あどけない寝顔

夜更けに 娘からのメールが滑り込んで ひとしきり 言葉を交わす それは とても幸せな時間 わたしの昔を そんなに話してなかったかな 「知らなかった」と、 驚く娘に わたしも驚く 忙しかったから でも 話した気もするな 娘も忙しかったんだ 日々を乗り越えていくことに 目線は ふとした事か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

STORY BOX

夕食のあとの カフェで わたしたちは また  それぞれのカバンを開けて ちいさな円いテーブルのうえ 珈琲カップ ふたつの隙間を ひとつ  また ひとつ 取り出して ならべていく  乱雑に 散らかしていく 「当たらなかったね」 と、 天気予報のBOXを開ければ 話しているそばから ガラス張りの窓際の温…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more