テーマ:野菊

素顔の野菊 (再編)

薄日射す路地を行けば 群れ咲く野菊 いたずらっ子の瞳をして フェンスから顔を覗かせ 服の裾 つかもうと手を伸ばす 冬枯れの野に入れば 素顔の野菊 支え合いもつれ合い 冷えた土に横たわり 流れる雲を 眼で追っている 居たたまれず いくらかを手折り持ち帰り ガラスの瓶の水に挿せば 慣れない部屋に惑って ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移ろい

今朝 アスファルトの匂いはしなかった 湿った土の香りと 気がゆるんだように ふわふわ 浮き上がる アイビーの羽ばたきと 戦いはもう過ぎたのかな 時折 揺り起こされたように ひぐらしが鳴く 時雨の声を探すけれど もうどこにも 降ってこない 暑かったね…… 気がこぼれて ふわふわ 浮き上がる 足が地面に着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素顔の野菊

薄い陽の射す路地を往けば 群れ遊ぶ野菊 いたずらに フェンスから顔を覗かせ 手を伸ばして わらう そぼ降る冬枯れの野に入れば 素顔の野菊 もつれ合い 冷えた土に横たわり しずかに 空を見上げている その いくらかを手折り ガラス瓶に挿せば 慣れない部屋に惑って 窓の外ばかり 視ている気がした 気取りな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more