時と在ること

むかしむかしの話を聴きたがるのは おさないこども 過ぎ去った彼方を懐かしむのは 時を積んだおとな 走っているのは 現在(いま)を渡る彼と彼女 こどもとおとなの真ん中すすむ それは 右へ右へとじぶんで巻く ゼンマイ仕掛けか それとも 遠い宇宙から送られる 間違わない時計か だれも持っている時間 数字…
コメント:0

続きを読むread more

眠れぬ夜

タイフーンがやってきて あなたとわたし この家のなか ふたりきり この世界のなか ふたりぼっち 雨はナナメに降っている 風は木々を捻っている あなたは眠っている わたしはカーテンの向こうの 雨音を聴いている カレンダーの過ぎた日に引かれた ナナメの線を視ている あとどのくらい こうして いっしょに居ら…
コメント:0

続きを読むread more

シェルター

すこし疲れたから 森のなかへ 迷い込んでしまおう 国道沿いにちょっとだけ 口を開いている 後ろからクラクションの音がしても 今は振り向かないで アスファルトの道を蹴って 降り積もった化石の葉を踏んで シダや突き出した根っこを横目で視て 傍ら 水の音が聴こえる 小石をころがしながら流れていく 倒れ込んで枯れた枝…
コメント:0

続きを読むread more

通り雨

見上げれば 空の光が失せていた もうすぐ ここも スコールに飲み込まれていく 図書館の本を胸に守って 濡れるだけ濡れてやった 遠い夏がよみがえる そんなに迷わなかった 降られるまま 雨に打たれてしまえ わたしなんて この本よりもちっぽけだ プール脇の道を歩きながら まっすぐに前をみていた 煙る視界のそのむこう…
コメント:0

続きを読むread more

盆帰り

盆帰りの夜に 二階のベランダから 眩しいほどの光が射していた 電灯をつけないで そっと上がり 垣間見ると 樹々の間から お隣のひろい縁がみえた 開かれた縁に みんな 宿り木に留まる鳥のよう ポリエチレンに似た懐かしい灯り燈るなか ふしぎな宴は進んでいく 3人の演者の聞き慣れない歌は 辺りをはばかることなく …
コメント:2

続きを読むread more

あやふやな話

あなたは 「正論だね」って 腕を組んで言うけれど わたしたちは教室や会議室で 議論を戦わせている訳じゃないよ 正論かどうかなんて この際 関係ない ふたりの決まりごとは 茶の間のテーブルの上で 湯呑や布きんやテレビのリモコンや そんなのが聞いてるだけなんだから 雨の日の昼下がり 空がすこし明るくなったから …
コメント:0

続きを読むread more

あの背中へ (再編)

ポストの中で ひんやり冷えた 刷りたての新聞を小脇に抱えれば 足もとで ガザレアが 首をもたげて光を探っている 咲こうか 咲くまいか… しゃがんで「おはよう」を言うと ミストな雨が じんわりと滲みてくる こころなしか 辺りがぼんやり霞んでみえる 何故だか不思議な心持ち お盆に伏せたこんもりお山 その裾野まで…
コメント:0

続きを読むread more

囚われの彼女

囚われている彼女が 自由になれるには どうしたらいいだろう 膝を突き合わせて パズルの解き方を探すけれど 決め手のピースは彼女が持っているから だれも答えにたどり着けない 高い高い塔にある ちいさな窓を開けて 今日咲いたばかりの花を そっと 投げ捨てる 花は風に身を任せ くるくると踊りながら ゆっくりと落下し…
コメント:2

続きを読むread more

希望ふたたび  (再編)

たいせつなものを どこかに置き忘れてきたようで 見上げれば 陽が隠れている 「希望」 駅で視たポスターに デカデカと ソレです! 忘れ物はソレです! 「希望」 遺失物預かり所にあるかな 電話してみようかな はやく迎えにきてって べそかいているかな 「希望」 呟いてしっくりする ほのかに胸の…
コメント:0

続きを読むread more

あどけない寝顔

夜更けに 娘からのメールが滑り込んで ひとしきり 言葉を交わす それは とても幸せな時間 わたしの昔を そんなに話してなかったかな 「知らなかった」と、 驚く娘に わたしも驚く 忙しかったから でも 話した気もするな 娘も忙しかったんだ 日々を乗り越えていくことに 目線は ふとした事か…
コメント:0

続きを読むread more

雨宿り

雨の音がちいさくなった 雨宿りから解かれたのかな お隣の空き家あたりから聴こえていた 子猫の鳴く声もしなくなった 行き当たりばったり そばの店に飛び込んで 雨止みを待って よく珈琲を飲んだな 本屋で 外の通りの雨具合を視ながら 立ち読みをすることもあった 軒下を借りて雨を見上げれば 見知らぬ人が お入りなさいと屋根…
コメント:0

続きを読むread more

山寺の紫陽花まつり (再稿)

遮断機のひっきりなしと 行き交う人々の気忙しさと クラクションのけたたましさやら みんなみんな 置き去りにして 紫陽花が咲誇る山寺を目指す 道すがらの田圃の畔に すっくと立ってるアオサギに驚き 思わず声を上げながら くねくね道に身を任せれば アスファルトの帯はだんだん細くなる 竹林はいつも しんっと静まり返っ…
コメント:0

続きを読むread more

愛の在り処を問われたら

愛はどこに在るかと問われたら 愛は たぶんわたしのなかに在ります まず わたしのなかの愛を育てるのが 揺るぎなく わたしを支えてくれると感じます みんな それぞれに胸のなかに忍ばせていますが 表に出し慣れているひともいれば 胸の奥深くに沈んでいて あることすら じぶんで探せない人もいます …
コメント:0

続きを読むread more

鳥になるために

雲に隠れそうな 高い高い山の上から 鳥になるために 地面を蹴るヒトがいる 足元に土が無くなって 空に浮かぶ瞬間 なにもかも手放すんだろうな なにもかも地面に置いて 思いきり自由になるんだろうな 色とりどりのとんびの群れが ほわほわと風に乗り旋回する 地面を走る車窓から わたしは見上げ…
コメント:0

続きを読むread more

アプリに夢中

なんのてらいもなく みんな手を上げて 好き! 好き! 好き!って 言っている 好きなことを好きと言えるしあわせ なんて 楽しいしかないんだろう  思いきり空に解き放たれる いいね!って 返ってくる ありがとう!って 分かち合う ともだちがいっぱいだ 名前はなあに? どこから来たの?? SOSして教えてもらう …
コメント:1

続きを読むread more

心はいつも ずっと傍に

家々の壁が すこしずつセピアに褪せていく レーヨンやポリエステル綿をのばしたような 雲がちぎれて 流されていく 空がずっと透けて見えてた 今日は心地好い一日だった… 夕暮れといっしょにみんな 声がやわらかく降りていく 傾いていく陽を手放して 肩の荷を下ろしていく 路地に漏れて聴こえるニュースの声も なだらかに暮れていく …
コメント:0

続きを読むread more

エアプランツのように

あれから あなたのために何ができるだろうと ずっと考えていたんだ 眼を離してた目玉焼きの焦げ付きがなかなか取れない そんな毎日 あなたは ただ居てくれるだけでいいと言う わたしは 何かできないかともがく 幾晩も眠れぬ夜を過ごすうちに ふと気づいたことがあるんだ あなたは もう昔の泣き虫じゃない わたしも もう昔のし…
コメント:0

続きを読むread more

わたしを解き放つのはいつもわたし

わたしたちは 解き放たれたこどもだ ひろい森の中を 腕を振って大股で闊歩する 丸太の階段を降りれば そこは地球の緑地だ 今は池のそばだよ 水車小屋が視えるよ トランシーバーで言葉を交わそう 眼の前をしゃぼん玉がぽぽぽぽと流れてくれば 夢中で追いかけてやろう シロツメクサは踏まないよ 踏まないでね キャッチボールの…
コメント:0

続きを読むread more

アカシアの森に降る雨が (再編)

アカシヤの森に降る雨が うつくしいのを知っている ドラマに映えるシーンのように 物語の挿絵のように わたしのなかに棲んでいて 束の間 浮かび上がっては 引き出しの奥 帰っていく 枯れた松葉の積もる地面は たっぷりと水をふくんで 踏み入れると ゆっくり沈んだ 葉に溜まる粒のひとつひとつに 森は閉じ込められてい…
コメント:0

続きを読むread more

てのひらのたんぽぽ

綿毛は旅立つものだと思っていた…… 公園の片隅で 丸いぽんぽんのたんぽぽの綿毛が  風が吹くのを待っていた ひと息に吹ききれば幸せ 旅立てば別離 ふたつの花言葉の間で揺れていた 幼子が ぽんぽんに頬をふくらませ ひといきに吹いて にっこり笑う 陽なたの板塀の前に居て 懐かしい一枚の写真を想い出した 綿毛は旅…
コメント:0

続きを読むread more