瞬間

いつだったか…
「ボケるのはええで
なんもわからんようになるんやで
なあんも忘れてしまうんや 
こんな気楽なことがあるかあ
なあんもやで 全部やで」って
そんな言葉を聞いた
あんまり何度も繰り返すから
困ったひとだなあ と 思った
計り知れない苦労を 誰かに負わせて
そんな気楽は無いだろうって
私は ずっと自分を判って居たい
私を失くしたくないと思った

真夜中にふと よみがえり
顔を洗う手が止まる

それくらい 忘れてしまいたかったのか
それくらい せつないことがあったのか
言葉には心が潜んでいる
あの時 わたしには解らなかった
わたしはまだ足らなかった

“ なあんもやで
全部忘れてしまうんや “
そうだね…
きっと 心はもう傷つかないだろう
それは幸せなことだろう
人には 前も後ろも横も斜めもある
わたしにも……

重ねていく日々に居て
或る日突然 
言葉が胸に飛び込んでくる瞬間がある


にほんブログ村 ポエムブログ 日常詩へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ブロトピ:今日のブログ更新

"瞬間" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント