言い忘れたことがないように

通りすがり あなたの匂いのする部屋で あなたを真似て 椅子にすわり あなたがはさんだ栞のページをひらいてみる 顔を上げて 窓のそとを眺める そうか こんな感じ 坂の道を車が登っていく 空が近いね 工場の音がすこし聴こえてくるね… あなたがいないこの部屋は なんだか不自然 胸のなかがモヤモヤする 慌てて部屋…
コメント:0

続きを読むread more