おぼろげな月

夕暮れと呼ぶには
まだ 見通しがよすぎる街の
みずいろの空に 投げ上げたみたいに
画像

「視えすぎだよ…」と つぶやいてみる
そのくせに 折にふれ見上げては たしかめる

足踏みの信号の向こうに
あおられている葉の向こうに

はじっこ欠けているくせに 
やけに堂々として
うすっぺらいくせに 
ちっとも 儚くはなくて

あぁ いまは いつだっけ

文字を落とした掛け時計みたいだ

暮れるんだっけ
明けるんだっけ

狭間に ぼんやり佇んでいる

昼と夜のアイマイと
夜と朝のイキサツと

あぁ そうだね
時には おぼろげなまま
解け合ってるのが いいのかもしれない

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック