わすれてしまいたいことは。


“忘れてしまいたい”
って、
思うのは、
忘れてしまいたいことが
まだ 今日と近いところに住んでいるから。

晴れた日に、
洗濯物を干しながら空を見上げたら、
お陽さまがまぶしかった。

青くてひろいところを
するすると 飛行船が泳いでいった。

陽だまりのなか、
敷きものをひろげて ままごとをした日が、
今日のそばにやってきた。
家事の合間、
白い割烹着の母が 窓からのぞいて、
おかしそうに笑ってた。。。

画像
風にはこばれて 
やさしい香りが流れてくる。
水仙 それとも フリージア
名のみの春にあらず、
もぅこんな近く わたしたちの今日に。

『なつかしい』をたぐり寄せ、
『もうすぐ』 を 心待ちに、

陽だまりをさがして、
”今日”の積み木を積んでいこう。

いつのまにか、
“わすれてしまいたいこと”は お引越しをして、
手紙もとどかないほど 遠いところへ

もぅ 手をかざしても みえないよ。

画像


にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

時雨
2012年02月05日 16:58
本当に・・・忘れてしまいたいこと・・・自分の心に記憶した色々なこと。 割烹着姿のお母様ですか・・・ちょっと泣けます。私ごとですが、昨春に、父に続いて母が亡くなって。いつも白い割烹着が母のトレードマークだったから(涙)忘れたいけど、ふと思い出します。
おひさま。
2012年02月13日 00:07
時雨さん、コメントいただいて ありがとうございます。
どんなふぅにお返事をしようかと ずっと思っていたんです。
私にとって、母の想い出はずっと憶えていたいことでしたので…。
時雨さんのなかの時が流れて、
受け止められる日がくることを お祈りしています。

時はいつの日にも、親切なともだち…ですね。

この記事へのトラックバック